ビッグマザー、ミラクル三井が残した最後の言葉

         「剛三は黒津達に殺された」「霊能力者はいない」という流れになっているTRICK。では、ビッグマザーの「あなたのお父さんは霊能力者に殺された」は何だったのか?

                  ミラクル三井の「私は知っている、本物の霊能力者を」はどういう事なのか?その矛盾を解決すべく、検証しました。

                 

     .咼奪哀泪供 「あなたのお父さんは霊能力者に殺された」

          「あなたも霊能力者に殺される」 

    ビッグマザーが水辺での剛三の死を言い当てたのは、奈緒子の記憶を読んだ、つまり、読心術の力が本物だったという事で納得

   ができます。しかし、「あなたのお父さんは霊能力者に殺された」は心を読むだけでは分かりません。なぜなら、「心を読む」という事は、

   奈緒子の記憶にある事、つまり、奈緒子が知っている事しか分からないはずだからです。さらに、「あなたも霊能力者に殺される」も心

   を読むだけでは分かるはずがありません。なぜなら、これは読心術ではなく“未来予知”だからです。ビッグマザーに未来予知の力があ

   るとは言っていません。

    しかし、それでは「いるのですよ、この世には。本物の力を持った霊能力者がね」が気になります。自分も本物では?読心術は霊

   能力ではないのか?やっぱり偽物?と新たな謎が生まれてしまいます…。 

   ビッグマザーは心は読めても、過去や未来は分からない。よって“嘘”。

    

 

    

     ▲潺薀ル三井 「私は知っている、本物の霊能力者を」

    「ミラクル三井には元々妄想癖があった」と有馬村長が言っています。つまり、知ったかぶりや負け惜しみで言ったのです。 

   ミラクル三井は妄想癖があった。よって“嘘”。            

 

 

   

     9坂美幸「あなたの求めている真実が必ずしも白く正しいとは限らない 

    これも負け惜しみとしか考えられません。霊能力の事を言っているとも断定できません。  

   黒坂美幸は負け惜しみで言った。よって“嘘”。または、他の事を意味していた。

 

  

  

     菊姫「おめぇには南の島の呪われた影が取り付いている」(やむ落ち)     

    「南の島の呪われた影」と言っているだけで、「霊能力」とは言っていません。しかし、何故“南の島出身”だと分かったのか、という疑問

   は残ってしまいますが…。  

   菊姫は「霊能力」とは言っていない。よって、他の事を意味していた。

 

 

   

      川玄奘「お前は確かに粗忽者だが、霊能力者の血を引いているんだ、私の仲間だ」

    芝川玄奘も自分には本物の力があると思っていたのであり、ミラクル三井と同じく妄想癖があったと言えます。つまり、彼もまた妄想

   だったのです。  

   芝川玄奘も妄想癖があった。よって“嘘”。

 

  

   

     長谷千賀子「あなた、もう分かってるはずよ。あなたと私には同じ力がある」 

    黒津分家の人達に、そう言えとそそのかされたのか、それとも長谷千賀子自身が気を利かせて言ったとしか考えらません。    

   長谷千賀子は黒津達から奈緒子を騙すという事情を聞いていた。よって“嘘”。

 

 

 

     Ч津菊雄「あなたは本物の霊能力者だ」(やむ落ち)  

    菊雄は何の根拠も無しに言っています。もし奈緒子が本物の霊能力者だと確信しているのなら、インチキをしてまで奈緒子に霊能

   力があると信じさせる必要はなかったはずです。 

   黒津菊雄はインチキしてまで、奈緒子に霊能力があると思わせていた。よって“嘘”。

  

 

 

     山田剛三「この世にはいるんだよ本当に、霊能力者が」

    何故か鍵がなくなっている事に気づいた剛三は、念入りにチェックをして完璧だと思っていたのに…、と頭を悩ましたはずです。そし

   て、自信家であった剛三は「自分のミスなどではない」と決め付け、霊能力以外には考えられなかったのです。  

   剛三は自分が受け入れられない事態が発生した為、

                                                                 霊能力以外には考えられなかった。

 

 

 

     筐神佐和子 「あなたが私と同じ種類の人間だから」

         「あなたの祖先は代々島を守る霊能力者だった」 

    この人のセリフが一番厄介です。何故この人がこんな事を言い出したのか、私にはそれらしい解釈がつけられませんでした。

   もう少し時間を下さい。そして、どなたか良い解釈を思いついた方はご一報下さい。 

 

 

 

         永遠の謎へ                            TOPへ