最終回について

                                               大胆にも最終回の予想…意外な人物が、本物の霊能力者に!?

 

      本物の霊能力者は奈緒子と里見と上田で、里見が剛三を殺した。

    そして、奈緒子は本物の霊能力者に出会った事により、覚醒し本物になった。

    「いずれ、あなたは身近な霊能力者に殺される」と奈緒子は言われ続けたが、

    それも本当で、

 

    実は、“上田も霊能力者”である!!

 

    何故なら、上田こそ、奈緒子の“身近な”霊能力者であるから。

 

    ちなみに、本物の霊能力者は互いに疎外され、友達も少なく、 自分の受け入れてくれる人だけを探しているので、

    ワガママで、つまり、自分の信念を貫く傾向にある。

    何故、自分の居場所を求めているのかというと、

    自分が直感で分かった事を、普通の人に論理的に説明するのが、面倒臭く、居心地が悪いのである。

    だから、自分が心を許せる人間のみを探しているのである。

 

    よく運命の人というが、それは本当で、霊能力者同士が出会うとシンパシーを感じ、

    自分の否定していたはずの能力に、逆に覚醒してしまう。

 

    その人がいると分かっただけで、幸せを感じられる、つまり、霊能力者にしか分からない苦労や悩みを知っているので、

    その人といると、素直な自分を出せるので居心地がイイのである。

 

    そして、霊能力者同士は集まる傾向にあり、異性の場合、敵になる可能性があるが、

    その2人の前にはとてつもない大きな障害や壁がある事が多い。

    何故なら霊能力者は、友達や恋人がいなかった事が多く、人づきあいが苦手であるし、

    自分の幸せ(居場所)を守りたい為、あらゆる手段でお互いに自分の居場所を守ろうとするのである。

    本当は相手を殺そうと願うが、相手が本物の場合、それを守る事も出来るので、何も変わらないのである。

 

     ちなみに、霊能力者に多いパターンとして、

    ‘短モノやファンタジーなど何でも出来てしまうようなフィクションが好き。

    …普通の人からすると憧れではあるが、実はそちらから来た(戻ってきた)人間なのである。

    何故なら、本物の霊能力者は願えば何でも出来てしまうので、自分に近い存在に惹かれるのである。

 

    何でも叶うがゆえに、自分の欲があまりなく、

    最低限のモノがあればイイと思っている為、「お金は有るだけ稼げばいい」や、

    自己欲に満たされている為、つまり幸せを分けてあげたいと思っているので、

    「愛するなら、まず人を愛せよ」など、「見返りを求めない他者への愛」を知っているのである。

    なので、ボランティア精神が高く、寄付をしても名乗りを上げない人もその一例である。

   

    あと男性の場合、シンパシーや運を論理的に説明する事も可能である。

 

      TRICKの場合は、里見が何度も「書いた願いは叶う」と言っているが、

    それは奈緒子がシリーズ3で、長谷千賀子に書かされたのもその理由である。

    因みに偽物である長谷千賀子では、奈緒子の呪いを防げなかったが、

    上田は本物なので、奈緒子の呪いを防げたのであり、

    尚且つ、奈緒子は本気で上田を殺そうなどとは願っていなかったのも理由と言える。

    つまり、『デスノート』にも言えるが、書いただけではダメなのである。

    本当に殺したい、死んで欲しいと願っているのではないかと思う。

 

 

    そして、もう他にも奈緒子の覚醒を手伝った人物がいる、

    それは、ビッグマザー、ミラクル三井である。

    ビッグマザーの読心術は本物である可能性が高い。

    何故なら彼女の能力が発揮される場合が、

    ー殺未遂をした時 ⊆殺する直前だからである。

    ミラクル三井も同様に死にかけた時点で、「あなたの身近な人間に殺される」と言っているので、

    もしTRICK最終話で、上田が霊能力者であり、霊能力を発揮し、奈緒子を殺すのであれば、

    上田も本物であり、奈緒子も本物である可能性が高い。

 

 

    しかし、よくよく考えると、

    奈緒子も上田も本物であるとしたら

    何度も上述している「上田が奈緒子を殺す」という事は一見考えられない。

    しかし、こうは考えられないだろうか?

    「上田は散々、自分が霊能力者ではないかと苦しんで来た奈緒子」を知り、自分の手で呪いをかけた。

    そして、奈緒子は、

    「上田にであれば、殺されてもイイ。むしろ上田に殺されるのなら、幸せだ」と呪いを防ぐのを拒むのである。

 

    つまり、TRICKは2人の霊能力者の愛の物語である。

 

 

 

    完全に想像に過ぎませんが、上田が霊能力者というのもアリでは?腕も伸ばせますし…。

 

  

                                                

 

 

          永遠の謎へ                               TOPへ